お酢のちから
酢の成分  | 酢の健康効果  | 運動後の摂取  | 酢の物のつまみ  | 酢を使った保存食  | お問い合わせ

酢の物のつまみ

おつまみには酢の物を一品つけましょう

お酒を飲む時には、おつまみが欲しいですね。
ビールなら焼き鳥に枝豆、ワインならチーズにハム、日本酒ならお刺身といったところでしょうか?そこで、是非加えてほしいのが酢の物です。
おつまみには、タンパク質や脂肪を含んだものがよくあいますが、それだけでは栄養バランス的にもグルメ的にも物足りないですね。
ダイエットの観点からも、ここは低カロリーの野菜を追加したいところ。
そこで、程よい刺激とさわやかさをもたらすのが、酢の物です。
日本酒には、タコとキュウリとわかめの和え物、ビールならピクルス、ワインならラタトゥイユなどいかがでしょう?お酢が苦手な人は砂糖で甘めにしたり、ごま油や、オリーブオイルを少したらすと中華風やイタリア風になって味がマイルドになりますから、サラダ感覚で食べやすくなります。
またお酒に嬉しい効能もあり、まずアルコールの吸収を穏やかにする作用、胃もたれや消化不良を防止する作用があります。
あまりおなかが空いている時よりも、少し食べてからの方が刺激が少なくて良い様です。

お酢を使ったおつまみで一杯

お酢は健康に良いということはよく知られていますが、酸っぱいものは苦手という方も多いのではないでしょうか?そういう方はそのまま飲むドリンクなどは手を出しにくいかも知れません。
でも加熱すると酸味が抑えられ、やさしい甘みも出るので食べやすくなります。
そこでお勧めしたいのがお酢を使ったおつまみです。
アルコールの吸収を穏やかにしたり、肝臓の働きを活発にしてくれるので二日酔いにも効果があります。
ですからお酒のお伴にも最適なのです。
まずお酢を一回沸騰させ、お好みで醤油や塩、砂糖などで味付けをします。
その基本となるたれを使い、様々なおつまみを作る事ができます。
揚げたての唐揚げに熱いままのたれ(醤油味)をかけ、ネギを添えれば中華風唐揚げになります。
血中コレステロールを下げる働きもあるので、揚げ物もヘルシーにいただけます。
また塩、コショウなどでたれを味付けし、冷やしてからスライスオニオンにかけるだけでさっぱりしたオニオンサラダの出来上がりです。
血液をさらさらにする働きもあるので、同じ効果のある生の玉ねぎと一緒に摂ることでより効果的です。
工夫して酸味を抑え、おいしいお酒のおつまみを作ってみませんか?

recommend

最終更新日:2019/1/18

『酢 つまみ』 最新ツイート

@miyukimaruyama

後、ピクルスも大好きで🥒。時々自分でピクルス浸けます。日本のバーとかだと酢の味の強いピクルスおつまみで出たりしますが、わたしのはアメリカンな塩っけの強いバーガーとかに入ってるようなピクルスやで。ハーフサワーくらいの浸かり具合が好き… https://t.co/vOLDgTKYOq

37分前 - 2019年09月20日


@SoRaRaN1217

チーズ月見だよ!この時間に食うとか罪だね〜。部活の関係でこの時間にやっと夕飯で、コーラとハンバーガーで腹満たしてから、ポテトをつまみに(第3の)ビールの美酢(ミチョ)割り飲んでる〜 https://t.co/Gt4oP4jDKq

2時間前 - 2019年09月20日


@MOETAMA2nd

対萌魂用決戦おつまみ試作弐号機 [偽蟹しゃぶしゃぶ。蟹酢タレ] ろくちゃんテンション爆上がりwww https://t.co/U18M7EeDXP

4時間前 - 2019年09月20日


 

 

Copyright(C) 2015 お酢のちから All rights reserved.